還れますよ、土にね

いろいろ手を出すがいろいろダメなアノ人種です。

生きている

やめたと思わせて続ける奴

 

ヤバイ状態になったら書くことにしようと思う(いつもヤバイ状態だけど)

 

裏垢なるものを持っている人は案外多いだろうし、これもその類だと思う。

 

誰にも見られず、思った事をぶちまけられるっていい時代だよね

その糞が迷惑かけているわけだけどね

 

 

SNSやらなんやら見ていると凄い人ばっかりで本当に嫌になる

凄い人だから目につく、っていうのとそのすごい人達をピラミッドの頂点にするとその何百、何千、下手したら何万もの下がいるっていうのは理解できているけど、そのすごい人たちに比べて自分はなんてやつなんだってなるのはどうしてだろうかね

 

漫画やら映画やらドラマやらアニメやらなんやらで一時は自信みたいなのを持つけど、何回か寝ると元通り。

最近はそんな毎日です。

 

涼しい顔してるくせに、いつかはビックになりたいなんていまだに捨ててないあたり。

しかも今まで何も積み上げてこなかった奴。

飛ぶ努力してこなかったのに飛びたいなんてふざけるな

 

なんなら今から努力しろよって思っても忙しいからでかたづける

そんでもってこんなこと書いてやることをやらない

屑だよね

 

書いたり思ったりするとスパイラルにハマるって考えて今まであんまり書いてこなかったけど、書いて少しでもまぎれたらそれでいいかなって。

 

まんま薬のあのスパイラルと一緒よね。

 

まあ裏の顔ってことで、表ではそんな感じを一切ださないようにしたいね。

スイッチ作っておかなきゃね

古代雄と現代雄

最近は男の思想はすべて交尾につながっている説ってのが頭をぐるぐるしてる。

 

すべて、とは言わないけれど、多くの行動がモテるため、につながっているんじゃない?

 

そういうのが猿のままでキライだけど、気づけば自分もやってしまっている気がする。

 

そういう行動はしないように気を付けているけど、拗らせて自己否定をしてしまっている自分は、モテればすべてが変わるのではないかと考えている。

 

モテるための行動は、するけれど、交尾のための行動は自重する。矛盾している話だけど、自分の状況を打破するには必要なんだと思う。

 

タイトルに全然触れなかった。また今度ゆっくり書きたいと思う。

 

思考を形に

 

ここがなんの場所か分からなくなってきた。

 

なんとなく、すごいひょんなことから坂口恭平さんの本を読んで、人をしった。

 

Twitterも拝見したことで影響を受けたのか、思考をアウトプットしたい意欲がハンパ内。

 

特に、夜。もしかして躁鬱なんやないかと疑い始めてる。

 

正直に言うと多分、坂口さんは自分の嫌いなタイプの人間だと思う。

それなのにここまで影響を受ける人は珍しいから、やっぱりすごい人なんやなって。

 

とりあえず、絵や本を書いてみる気が沸いているけど、まだ書いていない。

多分やらない。

描いた絵をとりあえず売ってみたい気もする。絵心0芸人だけど・・・

 

思考がぐちゃぐちゃ。だからこんなところに書いてみた。

思考リセットは前からやっていたからなんとかなっているけど、夜みたいな一人の時間が長くなるとごちゃごちゃしてくる。

 

いつもゲームに逃げてるけど、なにかアウトプットしてみようか。

いや、オンラインゲームって結構アウトプットするんだよ

チーム対抗戦とかすごいアウトプットで、あの人の言葉をかりて、もう芸術でいいんじゃないかなと思う。

チームメンバーや敵の動きに左右はされているけど、自分がとっている行動は紛れもなく、自分が考えて行動しているんだよ。

れっきとしたアウトプットじゃないか。

 

というか、ゲーム以外でアウトプットしたいって思ったのは、ゲームでいい結果が出ないからなんだけどね。

思考がごちゃごちゃしているせいか、行動が裏目に出たり、いつも勝てるとこで負けたり、まあ調子ってのもあるけど、他のアウトプットもつくっておかないと、ね。

 

ブログはいいアウトプットですね。

 

アウトプットアウトプットうるさいなww

意識高い系かワレはw

 

 

熱量でキマる男

久しぶりにスタジアムに行った。

 

サッカー観戦なんて小学生以来の事だった。

 

別に好きなチームってわけじゃなかったけど、なんとなく、行ってみた。

 

小学生以来だったからか、前より小さくなっている気がした。

 

色々なグッズをみたけど、どれも買う気にはなれなかった。

・・・高すぎる。 まあブランド料というかが追加されているのだからしかたないけど。

 

そんなことを思いながら待機、晴れたこともあってか思ったより人が多い。想像の3割増しくらい。もちろん満員ではなかったけど、2万5千くらいはいたんじゃないかな

 

キックオフ前にメンバー発表があり、そこで事件が起きた。

メンバーが一人ずつ発表されると、一人ずつコールが行われたのだ。

 

各人固有のコール、この声援が思ったより強くて、キマってしまった。

具体的には感が極まって涙が・・・ 隠れてぬぐったからきずいた人はどこにもいないだろうけど、気づかれたとしても一番驚いたのは私。

 

たかが声援で、と思うかもしれないが、たかが声援で、なのである。

自慢でもバカにしているわけでもなく、チームは順位が低い。

今年こそはダメだ、なんて声をよく聞いていたし、私もそろそろ降格かなと思っていたけど、その声援は、生き残らなければならない、そう聞こえた。

 

声という愛が、大きな声援という大波になって押し寄せ、選手への応援のついでに私の心も揺らしていった。

 

・・・今日は随分変な書き方なのは気づいているけど、このままいかせていただきたい。

 

人前でこんな気分になるのはいつ以来だろう。なんだかんだでまだ心はキレイらしい。

 

ハーフタイム。私と同じように感じた人、いや別に感じたわけじゃないだろうけど、まあ何人かの人がグッズを買いに走っていった。

買うのはタオルとかフラッグとか。 応援がしたいのだろう。買ったものを手にもって意気揚々と席に戻っていく姿はとてもまぶしかった。

 

そんな強い声援を受けて勝利、ならよかったのだけど結果は負け。

 

後半のこりわずか、ぞろぞろとスタジアムをあとにする。

最後まで見ればいいのに、と思うけど、駐車場は混むから早く出たほうが賢明かもしれない。

 

聞いた話ではあるが、勝利の暁にはお祭り騒ぎのようになるらしい。

正直見てみたいと思う。

 

そんな感じで、肝心の試合の事は書かなかったが観戦が終わった。

 

なるほど、観戦ってライブとかに似てるなと思う。

妙な一体感が心地よかった。

 

 

最近は客の入りが悪いからチケットを無料で配ってるらしい。

タダより安いものはないってよく言うが、感じてしまったのか、一体感を得たかったのか、それとも記念なのか、 手ぶらできた人達がチームカラーに染まって帰るのがすごく、すごい。

 

ケチで有名な私も買おうと思ってしまった。

というより買おうとしたものが売り切れていた。

 

私の事はどうでもよくて、無料のチケットってすごい。

タダだからって来た人がちょい高いグッズを仕方なく、ではなく、自分から買って帰っていくから。

 

チームも客にもいいことばかりである。

 

是非そこからシーズンパスを買うようなファンになってほしいものだ。

私も付き添いのような形で観にきたが、こんなことが書けるくらいにはファンになってしまったようだ。

 

もし降格したらスタジアムが使えなくなり、グッズの幅が大きく狭まるとかなんとか。

ぎりぎりでもいいから残留して、次は勝つ日に観に行きたいと思ってしまった。

 

 

自分的に以外な想いの記念からこれを書きました。

 

 

 

 

カメラを、売りました。

 

自分が最低の野郎だってことを改めて感じ、今の想いとせめてもの供養としてここに書きます。

 

本日、某フリマでカメラを売った。

 

枚数こそは撮ってないものの、愛着のあるカメラだった。そいつは僕にとっての初めての「カメラ」であり、僕に撮る楽しみを教えてくれたのはiPhoneカメラではなく、この「カメラ」であった。

 

そんなやつを今日、僕は売った。

理由はよくある、使わなくなってしまったからである。

 

そこまでなら、まだ救われたかもしれない。だけど売ろうと思った決定的決めてが、

「重いから、売って軽いのにしよう」だった。

 

よくそんなことを決め手に出来たな、と今になって思うけど、あの時は今の気持ちを一ミリも考えていなかった。

 

 

「なにか趣味をはじめよう」そう考えた時に、旅行好きの派生としてカメラ撮影をしよう、そんなことを思った。

はじめるなら、一眼レフカメラ以外ないな、そう思って購入した。

当時の選択肢としてデジカメや軽いミラーレスという選択肢だってあったのに、

私は一眼レフを購入した。

金額だって安くはなかった。勿論、カメラ全体でみれば安い方に部類されると思うが、当時の所持金、初心者の買うカメラを考えると十二分にいいカメラで、十二分な値段だった。

でも私にはこいつしかいなかったのだ。

 

ある程度、時間とお金に余裕があった僕は、いろいろなところへ一緒に行った。

汗を吹き出しながら歩いた田舎道、雨から庇いながら走ったアスファルトは今でも覚えているし、大事な思い出である。

 

それから数年。それまで小さな旅行にも連れて行ったカメラは、大きな旅行にしか連れて行かない様になり、段々と「記録用カメラ」となってしまった。

 

さらにそれから、数年、つい最近の話だ。

私は小旅行中、思った。

「カメラが軽ければもって来たのに」

そこから売るという思考に至るまでそう時間はかからなかった。

現に、旅行から1か月も経っていない。

 

今のカメラを売って新しいカメラを買おう。

次は軽いミラーレスかデジカメを持ちあるいて撮影しよう。

 

そんな事を考えると楽しみになっていた。

そう、撮影は楽しいものであると習ったから。

 

こんなのも買ったなと思いながら整理し、出品した。

使用感が多少あったから相場より安めで設定したら、一日も経たず購入された。

カメラ一式を段ボールに詰めた。「今までありがとう」さすがにこの時には昔を思い出していた。

もう売れてしまったし、配達所に持っていこう。 

段ボールを持った。 思ったより軽くて、重い。

ああ、僕はこいつを売ったのか、しかも違うカメラを買うために。

段ボールを持つ資格も、懐かしがる資格も、僕にはない。

 

配達所で手続きが終わった。思ったより簡単で、思ったよりもつらかった。

 

帰りの車であいつを買おうと思った時のことを思い出していた。

 

そして今、新しいカメラを買おうなど一ミリも思わない。思えない。

買い替えるという残酷な考えをしたのは自分なのに、最後にやさしくしたのは何故だろう。許して欲しかったのだと思う。最低だ。

 

簡単に言えば、あいつを僕が使いこなせなかった。くやしい。

これからしばらくはカメラを買わないと思うが、またいつか、多分買うと思う。

使う時まで眠ってもらうのが一番だったと思う。でももうできない。

 

せめてもの償いとして、僕は教えてもらった楽しみを忘れない。

自分勝手なのは自分が一番わかってる、でも、それしかできない。

言ってはいけない言葉だけど僕は言う。言わなければならない。

どうか可愛がられて下さい。

 

 

 

 

 

うまいんだよなぁ・・・困ったことに

 

いのちの食べ方ってドキュメントを見てみた。

開始早々のヒヨコのところでアウト・・・

 

ちょっと前にみた「おくりびと」と重なってすごく、キマった。

 

別に動物愛護団体じゃないから命をいじめるな~とは思わないし、自分だって釣りとかするから命を奪ってるわけだけど、あのヒヨコたちがモノとして扱われていて、だいぶキて、小屋に敷き詰められているトリたちで・・・

 

もう完全に「製品」として扱われているわけで、そのために育てられているから雑に扱うわけで、野生の(あるいは放流された)魚を楽しみ半分で採っている私がそのことについて何かを言うことが許されるはずなくて、逆に私の方が悪いことをしている気になってくる。いや実際そうなのだろうと思っている。

 

頭ではわかってるけど、この心はどこへ行けばいいだろうって頭の中でグルグルしている。

この思考エネルギーだってああいう風に「作られた」肉を喰らってできているんだって思うとまたグルグルして・・・どうしようもない。

 

こんなことを一々書いていることがムダだし、気にしないってのが一番楽で簡単なのはわかっているけどできない。

 

「俺はこんな肉食わんぞ」といま思っても、来週にはグラム百数十円のアノ肉を喰らって生きていると思う。

この時代に生まれたら、アノ肉を食わなきゃ生きれないなんて、すごい世の中だよねホント。

 

だからって「人間滅んじゃえ」なんて言うほど子供をやってられる年齢じゃない。

老熟した人に様に、「うまいんだよなぁ困ったことに」とつぶやきながらおいしく召し上がるのが今から出来ることなんじゃないかと思うんだ。

 

それにこんなこと書いたくせに来月には絶対釣りに行ってる。釣りが好きだから。

当たり前だと思わずに、また、悲しいと思わずに、おいしく困りながら食べていくしかないんだよなあ。

 

なんか最近、全然釣れないから、悔しいなぁ、釣れないなあとしか考えてなかったけど、釣りっていうのは命を奪うゲームであるから、そして向こうも文字通り命がけな訳だから、もっと真剣に楽しんで、真剣に命を奪いに行かなければならないんだよね。

そして釣れたらおいしく戴く。こういう思考で釣りをしていかなければなあ。

 

たぶん結構な数の釣り人はこんなことあまり考えずに、釣れってると思うし、そっちの方がコストがかからないんだけど、私の釣り方は違う。

命を奪い合いをしているんだって考え方をもっと大事にしていかなければならないな。

 

釣れなかったのも、ドキュメントと映画を観たのも、こういう思考に至る過程だったのだろうと思うことにする。

そういう思考だからって釣れる様になるわけないし、逆に釣れる数が減りそうだけど、この気持ちは大事にしようと思う。

こっちも真剣に戦ってやる。そしておいしく食べてやる。

 

持論を展開したい

タイトルどおり、なにか思った事を書きたいなと。

 

やっぱり毒吐きたいんですね~

 

また近いうちに書きたいけど(書くとはいっていない)最近主張がコロコロ変わるからなんかアレ

 

環境、話す人、聴く音楽、みるアニメ様々なものに影響されるんだけど、最近は環境とか全部いつもと違う感じなことをやってる気がする。

 

絶対聞かない音楽も友人に洗脳させられて聴くようになったし、その影響で、前に絶対みるもんか、って思ってたアニメを見ているし(意外と面白い...)

 

なぜか具体的に書くのを渋ってる気がする・・・

書くと思ったことが確信に変わって、これからの思考に影響するからってのは建前で

めんどくさいんだと思う。

 

まあいずれ